クリスマス、バースデイ・・・などホームパーティの際に見栄えも良く味付けも簡単な

骨付き鶏もも肉をパリッと焼いてちょっとおしゃれに盛り付けて、おもてなし しましょう

大きなお肉ってなかなか中まで火が通らず・・・ってこまりものですよね!

テーブルに並べて みんなが揃った時に 冷え冷えになっていたら がっかりしますよね

ですが・・・この方法を使えば短時間でしっかり調理でき しかも 皮は、パリパリ!!!

みんなの 満足した(*^_^*)が目に浮かびます☆★☆

持ち手の飾りさえ用意しておけば、大丈夫ですよ・・・OK!!!

さっそく作ってみましょう・・・

 

<よういするもの・・二人分>

骨付き鶏もも肉・・・二本ほねつき肉

塩・・・少々

コショウ・・・少々

月桂樹か何かのハーブ類・・・1枚

ラップ

(大きなお皿)

 

 

<つくりかた>

肉が一番こんもりとある部分ですが、熱が入りやすいように 肉と骨の間に包丁を入れ 離していきます

 

包丁を入れたところです・・・骨が最初よりたくさん見えています

 

今度は先ほどの骨の下側に包丁を入れていきます

 

包丁を入れ終わったところです・・・先ほどよりももっと骨が見えています

 

先ほどの骨がつなっがている先のほうも 骨と肉を離していきます

 

左側が分かりやすいとおもいますが、しっかりと 骨と肉が離れています

・・・でも大丈夫です形は保たれています

 

二枚の骨付き肉を お皿に並べます

電子レンジにトレーがあるなら そのトレーにラップを敷いて並べても良いです

 

塩・コショウ両面にふり ハーブを真ん中におきます・・・少し臭みを消すためです

 

これを まず 電子レンジで熱をいれます

ラップをふんわりとかけ 8~10分

 

こんな 感じに熱が入り 肉汁がでています

ここまで、準備しておけば あとは、食べる少しまえに焼くだけです

 

肉汁は、今使わなくても あとで スープのもとにも活用できるので、

何かほかのものに取り分けて保存しておくことをお勧めいたします

食べる10分くらい前に焼いていきます

お肉をグリルで焼きます(フライパンでもいいですよ)

 

ひっくり返さなくていいグリルの場合(両面グリル)は、皮を上に向けて焼きます

上下返して焼かないと焦げ目がつかないグリル(片面グリル)は、最初に皮を下に そして次に皮を上に向けて焼きます

両面で、約10分位焼きます・・・焦げ目で焼き加減を調整してください

 

右側は、皮なしの状態です・・・個人的な問題ですが、私皮食べれないんです!!!

左側は、皮ありの状態です ちょっと黒く焦げでしまいましたが・・・

とても パリパリしておいしい・・・といっています

 

オーブンのグリル機能だと 一気に四本くらいは、焼けます

 

☆ホームパーティだけではなく、ちょっとした日に是非どうぞ☆