prefix="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> かぼちゃの種類や歴史と調理方法保存方法 | お家で食べよう UA-127382584-1https%3A%2F%2Fouchidetabeyou.com%2F&hl=ja

かぼちゃの種類や歴史と調理方法保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

秋のカボチャ

 

かぼちゃってすきですか?

女性は好きとか まあ とか 答える方 多いと思いますが

男性はきらいとか あんまり なんて言葉がでてきますよね・・・

でもかぼちゃは、とっても栄養があって成人病の予防などにも効果がありますので、毎日でも食べていただきたい食材ですね

 

栄養の面は、ちょっとおいておいて・・・いろいろとみてみましょう

 

日本においても呼び方がいろいろとあります

かぼちゃ・・・ポルトガル語からきたもので、カンボジアの意味するカンボジャからきたものといわれています

ぼうぶら、ボーボラ・・・こちらもポルトガル語ですがウリ類を意味するアボボラからきたものと言われています

唐茄子(とうなす)かぼちゃの花

南京(なんきん)

南瓜・・・漢字であらわされるかぼちゃ・・・中国語の読みでは、ナングァ

パンプキン・・・英語での呼び名・・・果肉がオレンジ色の種類のみにつかわれています

スクウォッシュ・・・パンプキン以外のカボチャ類全てを呼びます

日本のカボチャは、カボチャ・スクウォッシュと呼ばれています

大きく分けて5種類あります

①セイヨウカボチャといわれるもの・・・

南アメリカ(ペルー、ボリビア)のアンデス山脈の高冷な地域で栽培されていたものが、1863年ころ日本に入り明治のころ北海道などで栽培が盛んになりました

 

かぼちゃ

黒皮栗南瓜・・・くろかわくりかぼちゃ

かぼちゃ

みやこかぼちゃ、えびす南瓜、くりゆたか、九重栗南瓜 などの一般にでまわっているほとんどを総称して言います

皮が濃い緑で、ストライプの薄い緑色が入ったものが、多く見られます

果肉は粉質で、熱を加えると甘味が引き出され栗を食べたときのようにホクホクしています

おすすめの料理は、焼き芋のような、やきかぼちゃです・・・スライスして160℃のオーブンで20分位やくとおいしいです

かぼちゃ

打木赤皮甘栗かぼちゃ・・・うつぎあかがわあまぐりかぼちゃ

加賀野菜として有名です

形は、円錐栗型(えんすいくりがた)1.1Kgくらいあります

6月中旬~9月上旬に出回ります

皮も果肉もあざやかな朱色です

水分が多くねっとりしているので、煮物がおすすめです

歴史はというと 昭和8年に石川県金沢市打木町の篤農家(とくのうか・・・研究熱心な農家)故・松本佐一郎氏が福島県から赤皮栗<大正5年ころ福島県会津で栽培され会津栗、甘栗ともよばれていた>を持ち込み沢山実のつく色の美しいものを選び抜いて育てていき十年の歳月を得て昭和18年に完成させ第二次世界大戦の後に発表された品種のです

昭和27~28年の頃には、京都大阪の市場でとても人気があり金沢の砂丘地から関西・関東へと栽培が広がっていきました が 消費者の味の好みの変化によりあまり需要がなくなりわずかしか栽培されないほどになりました

近年では、またブランド趣向などにより需要が増してきています

かぼちゃ

宿儺かぼちゃ・・・すくなかぼちゃ

ヘチマのような形をしていて、皮は薄い灰緑色で表面は、すべすべしています

収穫してから一週間ほど追熟させ、8月の下旬から10月に出回ります

甘味がしっかりとあり南瓜の青臭みも少ないので、ポタージュスープやお菓子にもおすすめですし縦に長に切りステーキのように焼くのをお勧めしますかぼちゃのポタージュ

 

飛騨の伝統野菜で、岐阜県高山市丹生川町周辺で自家用野菜として栽培されていたものですが、最近では、この地場野菜の特産化をするため2001年より栽培方法の指導や種の管理を徹底して販売をすすめ高級ブランドとして売られています

名前の由来は、丹生川町に古くから伝わる神話の主「両面宿儺」にちなんで命名されています

かぼちゃ

コリンキー・・・こりんきー

山形県山形セルトップとサカタのタネにより品種改良され2002年に登録された生でたべられるかぼちゃです

打木赤皮甘栗とオーストラリアの品種をかけあわされています

形は、打木赤皮甘栗に似ていて500g位の小さいものです

皮は黄色または薄いオレンジ色です

完熟させずに若いうちに収穫しますので、クセもなく種も白っぽいです

皮のまま2~3mm位にスライスして塩とオリーブオイルで合えるだけでおいしくいただけます

 

②ニホンカボチャといわれるもの・・・

メソアメリカ(メキシコ及び中央アメリカ北西部)の熱帯地方で栽培化され16世紀にポルトガルより日本に入ってきました

かぼちゃ

坊ちゃんかぼちゃ・・・ぼっちゃんかぼちゃ

ぼっちゃん手のひらに乗る500g位の小さなものです

形は、栗かぼちゃに似ています

果肉は粉質で、ホクホクとしていて

甘味も食感も栗かぼちゃに似ています

栄養は、一般のものより多く糖質は3倍ほどあり小さいけれど大きな力になります

丸ごと電子レンジで5~8分で調理でき、そのまま器としても使えます

おすすめの料理は、器を利用した蒸しものや写真のようなシチューなどです

かぼちゃ

鹿ケ谷かぼちゃ・・・ししがたにかぼちゃ

京野菜(京都の伝統野菜)で有名でブランド化されたものです

京都では、おかぼと言われ親しまれてきました

形は、ひょうたんのように縦長くまんなかにくびれがありまた縦にいくつもの筋がありコブのようなものがあります

初めは、一般的な菊座型だったものが、開発されるうちに今のようなひょうたん形になったようです

 

色は、若いうちは濃い緑ですが、熟してくると柿色になり白く粉をふいたような状態になります

高さは20cm位で、大きく 2~4Kgになりますまるで、かぼちゃを二個かさねたようです

種は、下のほうにだけあります

江戸時代の文化年間(1804~1818年)山城国栗田村(現在の京都市東山区栗田口)の農夫が旅先の奥州・津軽国(東北地方)から持ち帰ったものの種を愛宕郡(おたぎぐん)鹿ケ谷村(現在の左京区鹿ケ谷)の農家に分け栽培されるようになったものです

明治の中ごろまでは、京都を代表とする野菜でしたが、好まれる味の変化や沢山採れる他の品種におされ今では一般市場に出回らず高級料亭などに利用されまた 観賞用として用いられています

かぼちゃ

小菊・・・こぎく

会津の伝統野菜ですが、能登野菜(石川県や福井県)としても扱われ宮崎県に於いても栽培されています

手のひらにのるくらいのおおきさで、約15cmほど500~800g位です

独特のさわやかな風味をもっています

小さく 上から見ると菊の花のよう という事からその名がついたと言われています

7月から9月に出回り食べごろもやはり同じ時期です それは、小菊かぼちゃは追熟させても甘味は増えずに保存も難しいので、手に入ったらすぐに調理されることをお勧めします

果肉は、粘質つまりねっとりしていて甘味は淡白ですが、煮崩れしにくく煮物に適しています

かぼちゃ

黒皮かぼちゃ(日向かぼちゃ)・・・くろかわかぼちゃ(ひゅうがかぼちゃ)

宮崎県のブランドです

最高級食材として高級料亭などに用いられます(料理人が腕を振るいやすい上品な味を持っています)

果肉は、粘質でねっとりしています

そぼろ煮

皮は緑色で、果肉は黄色いので煮物にしてもとても美しいです

1907年(明治40年)宮崎市大工町で縮緬(ちりめん)種が栽培され始め何度も品種改良をされ黒皮種を1924年(大正13年)千葉県佐倉市から新しく導き入れたことにより品質がよく収穫量も増して全国一の黒皮かぼちゃ産地となったようです

ハウス栽培のものは、12月~6月 また 路地栽培のものは、9月末~12月に出回ります

かぼちゃ

縮緬南瓜・・・ちりめんかぼちゃ

愛知県の伝統野菜です

形は扁平で、皮は小さなコブでおおわれ縮緬状になっています

この名の由来も形からきているようです

果肉は粘質で、ねっとりもっちりしていますが、デンプン質が少なく上品あっさりした味わいです

も味のアクセントがあり一緒に煮物にされます

昭和30年ころまで、多く栽培されていましたが、趣向の変化などに伴い生産も減っていきました

<二つの説があります>

一つは、

明治時代~大正時代に愛知県海部郡大治村砂子(現在の愛知県海部郡大治町砂子)で「砂子(すなご)かぼちゃ」として栽培され今に至ります

もう一つは、

昭和7年に「愛知白皮」に伝統野菜の名をとってかわられ 同じような縮緬に「砂子」がありますよ

という説があります

かぼちゃ
バターナッツ・・・ばたーなっつ
長野県で栽培され9月~11月に出回ります
ひょうたんのような形です
皮はクリーム色で薄く、果肉は濃い黄色
甘味が強くナッツのような香りがします 
繊維が少なくねっとりしています
500g~1Kg位であまり大きくありませんへたのある上のほうよりも下のほうが食味は良いです

ポタージュスープ

かぼちゃプリン

グラタン

 

 

 

 

最近人気のかぼちゃで、上の写真のようにスープやプリン、グラタンなどにおすすめのかぼちゃです

秋に収穫するもので冬かぼちゃのひとつです

このかぼちゃは、本来果実なのですが、野菜として調理されています

切りかたは、まず上下を少し切り落とし、縦に半分に切って、皮をむいていきます、種をとり(種を保存して来年蒔くと成長して実がなります)料理に応じた大きさにきっていきます
かぼちゃ
プッチィーニ・・・ぷっちぃーに

サカタのタネより販売されている品種です

200~300gほどで手のひらに乗る小さなものです

形は扁平で軸の付け根が少しくぼんでいています

皮は、薄いオレンジで縦に濃いオレンジの縞があります

果肉は薄いオレンジ色で粉質独特の甘みがあります

電子レンジで加熱しただけでもおいしくいただけます(上下3分ずつがお勧めです)

暖かいところでの栽培では、6月中旬 二期作めが11月

寒冷な地域での栽培でも8~9月中旬に収穫されます

収穫した後も2~3カ月は、保存できます

器を活かしたグラタンなどがお勧めです

③ペポカボチャ・・・

北米南部の乾燥地帯で栽培化されたものが、中国を経由して明治時代に日本に入ってきたもの
かぼちゃ
金糸瓜・・・きんしうり

素麺南瓜(そうめんかぼちゃ)素麺瓜(そうめんうり)糸南瓜(いとかぼちゃ)ともいわれます

皮は、薄い黄色で、果肉が繊維状なので、麺類のようでこの名がついたようです

比較的寒冷な気候に於いても強く北日本でも栽培されています 収穫期は、です

調理法は、

まず果肉の繊維をゆでることですが、塩は入れません

2cm位上下を切り落とし

3~5等分の輪切りにしてを取り除きます

沸騰した湯に入れ約20分ほど茹でます箸などで果肉をつついてみて軽く剥がせるようでしたらOKです

茹で上がったらすぐに水に放ち冷やします

果肉を手で少しずつザルなどに入れ水でさらしながらはがしましょう

お勧めは、サラダや酢の物です
かぼちゃ
ズッキーニ・・・ずっきーに

原産地はあまり明確にされていないが、イギリスの料理研究家(エリザベス・デイビット)が紹介して1950~1960年にようやく料理の素材として人気になり19世紀後半にイタリアで改良され今のような形になったようです

細長いものは、緑色と黄色のものがあり 丸い全体が黄色でへたが緑のものもある他にも円盤型のものもあります

果実と花が食材として利用されます

花が咲き4~5日で収穫し主に加熱調理されるが生も皮をむき薄くスライスして食される

おすすめは、やはりラタトゥイユです

かぼちゃ観賞用に次のものなどがあります

ひょうたんかぼちゃ

観賞用のペポカボチャ

 

 

 

 

 

 

クロダネカボチャ・・・などの接ぎ木に利用 アメリカ大陸原産

 

種間雑種カボチャ・・・セイヨウカボチャとニホンカボチャを交配させたもの主に接ぎ木として使われる
かぼちゃ
新土佐・・・台木接ぎ木としてもっとも評価が高い

土壌病害に強く厚さにも強くきゅうりなどの成長を助ける力が強い
かぼちゃ

万次郎・・・新土佐とセイヨウカボチャをさらに交配させたもの

保存方法

かぼちゃまるごとそのままのものは、常温で保存がききますので、涼しい場所に保存して2~3カ月塾させることができます

かぼちゃカットしてあるものは、種を取り除きラップで包み冷蔵庫の野菜室で保存しますが、なるべく早く調理することをお勧めします

かぼちゃ食べやすい大きさにカットして一度茹でたものを冷凍保存もできます

栄養素

おおくの野菜は、収穫してすぐのほうが栄養価が高いのですが、かぼちゃは熟したほうが、味もよく栄養価もたかまりますのでできれば、熟させましょう

ビタミンA(β―カロテン)・・・身体にとってよくないとされる活性酸素から守ってくれる抗酸化作用や免疫の増強効果

ビタミンE・・・老化の防止や、生活習慣病の予防

ビタミンB1・・・糖質からエネルギーを作ることや皮膚・粘膜の健康維持の補助、脳神経系の正常な働きへの補助

ビタミンB2・・・皮膚・粘膜の健康維持の補助、特に体を沢山動かす人には必要

ビタミンC・・・コラーゲン生成に不可欠

タンパク質・・・体重約1/5をしめており血液や筋肉など体をつくる

炭水化物・・・エネルギー源

カリウム・・・細胞を正常に保つ働きや血圧の調整

カルシウム・・・骨や歯を作っている

マグネシウム・・・骨や歯を作っている

・・・体の中に3~4gあり約70%が血液の中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分で約25%は肝臓にたくわえられています

食物繊維・・・人が持っている消化に使われる酵素によっても消化できないもの

 

食べ合わせによる相乗効果

かぼちゃかぼちゃ+イワシ(ニシン、豚肉、バター)・・・ガン予防

 

かぼちゃかぼちゃ+カキ(タイラ貝、ホタテ貝、牛肉)・・・認知症、貧血、味覚障害の予防

 

かぼちゃかぼちゃ+削り節(ゆば、カツオ、ウナギ)・・・スタミナ増強、健脳効果

 

かぼちゃかぼちゃ+あずき(なす、ぶどう、お茶)・・・心臓病、動脈硬化の予防

 

毎日の食事に少しだけかぼちゃをプラスして健康な毎日を過ごしましょう

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとお得なプレゼントです

子供だけではなく、大人もほしいお年玉!!!
毎月すこしだけでも手にいれませんか・・・
こちらの A8.net さんで自分へのご褒美いただきましょう

★セルフバックです★

A8.netの申し込みページはこちら

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください