prefix="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> <br /> <b>Warning</b>: Use of undefined constant ouchidetabeyou - assumed 'ouchidetabeyou' (this will throw an Error in a future version of PHP) in <b>/home/sakura39115/ouchidetabeyou.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/header.php</b> on line <b>15</b><br /> 簡単レシピ!角煮を作ろう豚バラ肉とたまごねぎしょうが
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sakura39115/ouchidetabeyou.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
UA-127382584-1https%3A%2F%2Fouchidetabeyou.com%2F&hl=ja

簡単レシピ!角煮を作ろう豚バラ肉とたまごねぎしょうが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも 簡単レシピ!をご覧いただき ありがとうございます

今回は、角煮です

豚肉のかたまり肉 といえば、ロースや肩ロース、モモ、バラ、ヒレ など 様々あります

ですが、

食通といわれる方が、一番食べたい!おいしい!といわれるのが、この ラ肉豚のアバラ骨の周りのお肉のこと)なんです

三枚肉(さんまいにく)ともいわれます・・・皮、赤身、脂身と三つの層になっているところからそう呼ばれています>

<骨のついたものが、スペアリブとよばれているものです>

 

このバラ肉 やはり が気になる方も多いと思います・・・私もそうです

脂も食べないといけないのですが、小さいころから食べれない方や、ダイエットしている・・・など

この脂を気にせずにたべれるように調理していきましょう

 

しかも、バラ肉 栄養がなかなかすごいんです!

糖質をエネルギーに変える ビタミンB1・・・日本人が主に食べる米にはいっている糖というものを力の源に変えてくれるんです

体をつくるお手伝いや花粉症にも良いとされ心を落ち着かせたり・・・などの効果が沢山あるビタミンB6

血液の流れをよくする・・・ビタミンBの仲間のナイアシン

体のめぐりを良くし髪や肌を健康にしてくれる亜鉛(あえん)・・・亜鉛を含む食品が少ないので、ありがたいですね★

カルシウムと一緒に、骨を作るお手伝いをしてくれるビタミンD・・・よくシイタケやカキ(貝のなかま)などにふくまれています

こんなに・・・

 

上手にこの栄養をとれるように そして、脂が気にならないように 料理していきましょう

最初にゆでるのが、ポピュラーですが、私は、表面を焼いて煮込んでいきます

脂(ラード)も再利用できるので、とっておきましょうね

 


<よういするもの・・・写真の分・・・二人分位>

豚ばら肉かたまり・・・500g

白ねぎ・・・白いところ1本分

生姜・・・生のもの 一かけ

酒・・・大さじ5杯

さとう・・・大さじ4杯

しょうゆ・・・大さじ5杯

水・・・1.5L

たまご・・・ゆでたもの3個くらい

*お肉を800g~1Kgで煮込む場合は、調味料はそのままで、

水・・・2L  たまご・・・ゆでたもの5個くらい     にしてください

スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】

 

<つくりかた>

お肉を切ります

食べやすい大きさで、盛り付けた時をイメージして切って下さい

 

白ネギも切ります

長さ5cm位に切ります

盛り付けにしらがネギを添えるときは、そのうち一つを使います

 

しょうがを切ります

良く洗い皮のままを薄く切ります 4~5枚あれば大丈夫です

 

表面を焼きます

表面を焼くのは、旨味を閉じ込めるためです

煮込んでいく鍋でも フライパンでも良いので、クッキングシートを敷いて焼きます

焼いていくと脂がでてきますので、取り除きやすいようにします

 

お肉を全面焦げ目をつける程度に焼きます

一旦 火を止めてお肉をクッキングシートのまま取り出します

お皿やバットの上でも大丈夫ですので、鍋が熱いので気を付けてください

 

煮込んでいきます

鍋に調味料(酒、さとう、しょうゆ)を入れていきます

も入れます

ねぎとしょうがを入れます

焼いたお肉を入れます

最初は強火

グラグラと沸騰してきたら弱火にして煮込みます

味がしみこんだか心配な方は、途中 上下をひっくり返すとよいです

 


クッキングシートに残った脂(ラード)です

カレーを作る際に 炒め物をする際に とっても便利ですので、このままとっておきましょう

 

ここで、脂を一旦おとすので、気になっている方は、ちょっと安心・・・でしょ★

 

煮込んでいる間にたまごゆでましょう

だいたいの目安ですが、固ゆでの場合・・・沸騰して10分くらいゆでます

黄身がやわらかくトロッとした感じにしたい時は・・・沸騰して6分くらいゆでます

 

だいたい 1時間くらい 煮込んだら

煮汁がなくなってきて、ネギもくたくたに煮えています

 

ベストなに加減は、お肉がはしで軽くきれてしまうくらい柔らかくなっている状態です

ゆでたまごをいれます

お肉をにこんでいる間に茹でて、殻をむいた、たまごを入れます

 

すぐに 食卓に並べたい時は、3分ほど煮て 盛り付けて下さい

 

少し時間があるときは、火をとめて、余熱で味をしみ込ませて下さい

その時 たまごが、煮汁から出てしまう時は・・・

10分ほどしたらたまごを回して全体に煮汁の色がつくようにしてください

 

冷めてくるとまたラードが表面にかたまってきますので、スプーンやナイフなどで丁寧(ていねい)にすくって取り置きしましょう

 

ここでも 脂を取っていきますので またまた安心でしょ★

 

おわかりいただけますか・・・写真の右上ナイフですくったラードです

 

余熱でたまごの味付けをした場合は、弱火で温めてくださいね★

暖かい方が、やはりおいしいです

 

お気に入りのお皿にお肉とたまご、ネギを盛り付けて

(しらがネギも盛り付けて、)大人には、からしを添えてあげて・・・

出来上がりです!!!

 

 

 

<スポンサーリンク>

ちょっとお得なプレゼントです

子供だけではなく、大人もほしいお年玉!!!
毎月すこしだけでも手にいれませんか・・・
こちらの A8.net さんで自分へのご褒美いただきましょう

★セルフバックです★

A8.netの申し込みページはこちら

<スポンサーリンク>




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください